フィンサム2018&レグサム特集

「金融領域の既存システムを変えていく」 ピッチ・ランで入賞したGinco CEO 森川夢佑斗氏に聞く

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

仮想通貨の安全な管理方法とブロックチェーンを活用した金融サービスの普及に力

 ――これからの事業戦略で特に力を入れたいのは。

 私たちは今後の事業戦略を2つの軸で考えています。まずは、仮想通貨の安全な管理方法を普及させること。次にブロックチェーンを活用した金融サービスを普及させることです。

 現在は多くの方が自身の資産を取引所に預けっぱなしにしています。ところが、資産を安全なウォレットで管理することが当たり前にならないかぎり、資産の安全性や手数料の低さ、グローバル性は実感できません。例えば、取引所から仮想通貨を送金する場合と、ウォレット同士で送金する場合では、取引所から送信した方が手数料は10倍から100倍ぐらい高くなってしまいます。Gincoは取引手数料を一切取らずネットワーク利用にかかる実費だけをユーザーに負担していただく仕組みなので、非常に安いコストで仮想通貨を利用できるのがメリットです。

 ブロックチェーン技術を活用した金融サービスの創出については、まず、新しい仮想通貨や証券などのデジタル資産を、ウォレットだけで交換できるようにしていきます。また、仮想通貨はグローバルなものなので、海外にもどんどん目を向け、様々な金融サービスへのアクセス性を高めていこうと考えています。すでに仮想通貨のマイニング(採掘)事業を展開するためにモンゴルにファームを設立しており、シンガポールにも海外マーケティングの拠点となるファームを設ける予定です。

 ――仮想通貨の将来性をどう見ますか。

 仮想通貨の普及はますます進むと思いますが、私はどちらかというと証券市場のあり方に接近してくるのではないかと思っています。すでに米国などでは、資金調達法がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)からセキュリティー・トークン・オファリング(STO)へ変わりつつあり、またダップス(DApps・分散型アプリケーション)などの活用も急速に増えています。

 Gincoという名前の通り、われわれは金融領域の既存システムを変えていくところに主眼を置いていますので、仮想通貨という流動性の高い金融市場には大きな可能性を感じています。この領域にさらに踏み込んでいくためには、さまざまな企業とパートナーシップを結んでいくことも大事だとも思っています。ブロックチェーンは共通の台帳であり、ある意味、共通のデータベースでもあるので、異なる企業同士でも補完し合える。つまり、いま銀行が行っている機能を仮想通貨でも網羅できるということです。

 最近の社会の動きには、2つの大きな波があります。1つはシェアリングエコノミーが増えてきたこと、もう1つはインフルエンサー(ネットでの発信力が強い個人)という概念が出てきたことです。シェアリングエコノミーは個人資産の貸し出しをするサービスで、言わばモノの証券化。これにより資産の流動性を高めることが期待できます。インフルエンサーは、自分の影響力をお金に変えられるということで、こちらは個人の証券化と言えます。

 ブロックチェーンがデジタルデータを証券のように扱うものであるということは、自分の影響力や才能などを証券的に売り買いできるようになるということで、普通の(賃金収入に頼る)フロー型の人でも、割と簡単にストック型に変われるようになるのではないでしょうか。

 そういう社会を実現していくためにも、今あるデジタル資産の安全性や利便性が広がることが重要で、そのベースとして使えるようなソリューションも、これからますます必要になってくると思います。Gincoはそうしたことを見すえて開発した、安心で安全な次世代の仮想通貨ウォレットです。

(木村貴)

キーワード:経営・企画、経営層、管理職、経営、技術、プレーヤー、イノベーション、フィンテック、ICT

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。