スマート社会の実現と超高齢社会を考える

【企業講演】穴水 孝 氏 スマート社会におけるエネルギー事業者の取り組み

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 東京ガスはお客様の多様なニーズに応じて、ガスや電気、省エネサービスなどをワンストップで提供するとともに、スマート化の推進により、総合エネルギー事業の進化と発展に取り組んでいる。私どもが考えるスマートシティに向け、電力や天然ガスの大規模なエネルギーインフラに、コージェネレーションや再生可能エネルギーを組み合わせてエネルギー需給の効率化を図り、省エネ、CO2の削減、災害時のセキュリティーの向上等を実現していく。

 中小規模施設に対しては、当社が設備やエネルギーを遠隔で見守り、省エネや節電をサポートするサービスを開始。家庭向けでは都市ガスから水素をつくって発電する家庭用燃料電池「エネファーム」の普及促進に注力している。今後はさらなるスマート化により、エネルギーの最適化に加え、新たな付加価値を創出したい。

東京ガス 執行役員

営業イノベーション

プロジェクト部長

穴水 孝 氏

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。