SDGsから考える持続可能な社会

【講演】西口 尚宏 氏 企業革新推進を支援

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 「Japan Innovation Network(JIN)」は、大企業のイノベーション推進を支援している。経済産業省の研究活動を実践する組織として2013年7月に設立した。経営者のコミュニティーを形成する「イノベーション100委員会」や社内外からアイデアを集めて事業モデルを作り実行する「事業加速プログラム」運営などを手がける。

 イノベーションとは、本業のビジネスモデルの革新と新規事業の2本立てで新しい価値を生み出すことだ。「課題発見」「コンセプト化」「事業モデル化」の順に進め、試行錯誤を繰り返す。企業にとって事業モデルを作ることが最も難所だ。SDGsを軸に課題を見つけ、事業モデルを作っていくことが大きな挑戦になる。

 SDGsを狭義の企業の社会的責任(CSR)ととらえずに、事業活動で達成できるものという共通理解が国際社会で広がっている。しかし、自社事業をSDGs軸で整理して発表するだけでは不十分だ。むしろ、SDGsを起点に、未来からのバックキャストで事業を創造するイノベーション活動にSDGsを生かすことが重要だ。

 昨年、国連開発計画(UNDP)と「SDGs Holistic Innovation Platform(SHIP)」を立ち上げ、政府、国際機関、スタートアップハブなどをエコシステムに巻き込みながら、企業が本業の革新や新規事業を通じてSDGsを実現することを後押ししている。

 デジタル化が進む時代に10年後も事業が変わらないという保証はない。ビジネスモデルの革新や新規事業の立ち上げの際、SDGsは「2030年の需要」として注目すべきだ。世のため人のためになり、事業としても成功する可能性を秘めている。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。