技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か

技術者が引きこもりやすい三つのタコツボ 伊丹 敬之、宮永 博史

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 優秀な技術者であっても、三つのタコツボに引きこもったままで、マネジメントの世界に上手に脱皮できないと、その結末は悲惨である。もちろん、タコツボから出ただけですぐにマネジメントを上手に行えるわけではない。しかし、まずはタコツボから出ないことには、一流の技術経営者となる第一歩を踏み出せない。そのためには、自分がタコツボに(いるかいないかではなくて)いるとはっきり認識することだろう。

伊丹 敬之, 宮永 博史 著『技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か』(日本経済新聞出版社、2014年)第16章から
伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72 年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了(PhD)。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める。
宮永 博史(みやなが ひろし)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1979年東京大学工学部電気工学科卒業、89年MIT大学院(EE & CS)修了。NTT電気通信研究所、AT&Tベル研究所スーパーバイザー、ルーセントテクノロジー社マーケティングディレクターを歴任。96年コンサルティング業界に転じ、SRIインターナショナルを経て、2000年デロイト・トーマツ・コンサルティング(現アビームコンサルティング)統括パートナーに就任。04年より現職。

キーワード:経営層、管理職、企画、経営、技術、ものづくり、ICT、製造、イノベーション

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。