技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か

イノベーション経営を阻む三つの関門 伊丹 敬之、宮永 博史

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 いずれの経営的手配りも、「技術をイノベーションの成果へとつなげる」という目的で行われる。それがMOTの目的である。しかし、その目的を達成しようとするMOTの手段はかなりさまざまに存在し、多様である。しかも、何が適切な手段や行動かを考える際には常に、「それで他人がどのように動いてくれるか」を考えなければならない。自分一人が行動するための判断とはかなり違う。それが経営の本質だからである。

 そうしたさまざまなMOTの全体像を、なるべくわかりやすく解説しようとするのが、本連載(および書籍)の目的である。

伊丹 敬之, 宮永 博史 著『技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か』(日本経済新聞出版社、2014年)第1章から
伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72 年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了(PhD)。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める。
宮永 博史(みやなが ひろし)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1979年東京大学工学部電気工学科卒業、89年MIT大学院(EE & CS)修了。NTT電気通信研究所、AT&Tベル研究所スーパーバイザー、ルーセントテクノロジー社マーケティングディレクターを歴任。96年コンサルティング業界に転じ、SRIインターナショナルを経て、2000年デロイト・トーマツ・コンサルティング(現アビームコンサルティング)統括パートナーに就任。04年より現職。

キーワード:経営層、管理職、企画、経営、技術、ものづくり、ICT、製造、イノベーション

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。