技術を武器にする経営 日本企業に必要なMOTとは何か

イノベーション経営を阻む三つの関門 伊丹 敬之、宮永 博史

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

さまざまなMOT

 こうして一つのイノベーションが成就するまでの長い時間の経過のプロセス全体を考えてみると、そこにはさまざまな「経営」があることがわかるだろう。経営が「他人を通して事をなす」ことだとすると、イノベーションプロセスにかかわる「他人」も多様なら、彼らに動いてもらうための経営の手配りもまた実に多様なのである。

 そうした経営の手配り全体が、技術経営(MOT)である。そこにはさまざまなMOTがある。

 たとえば、技術を育てるというイノベーションの第一段階についていえば、どんなテーマで技術を育て始めることを、誰に思いついてもらい、誰が許すことにするのか。あるいは、魔の川がきたことを誰が決め、どのような基準で判断するのか。そして、魔の川を目指して歩く人々をどのように勇気づけるか、さらには、魔の川を渡れなかった人たちをどのようにその先の技術開発努力へと動機づけるか。

 市場への出口を作るという第二段階についていえば、誰が第二段階へと移行することを決めるのか。そして、死の谷の判断をどのような情報にもとづいて、誰が行うのか。さらには、死の谷を越えた後の事業化のための資源投入量をどのくらいの大きさにするのか。どんなチーム構成で事業化を担当させるのか、いつを実際の市場投入時期とするのか。

 社会を動かすという第三段階では、ダーウィンの海で泳ぎ始めたとしても、その後の彼岸に向かって泳ぐ人たちのチームはどう構成するのか、そこにどのくらいの資源投入をするのか、社会を動かすための外部への働きかけを誰がどのように担当するのか、などなど、実に多様な経営的手配りをしなければならない。それらをまとめれば、イノベーションプロセスに関与する多様な人たちの間で分担関係の決定、資源投入量の決定、関与する人々への成功への動機づけ、川や谷を渡れなかった人々への対応などということになるだろう。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。