孫子に経営を読む

企業経営という大事に経営者がとるべき二つの基本スタンス 兵は国の大事なり 伊丹 敬之氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 『孫子』は、中国古代の春秋時代、紀元前五世紀から前六世紀の頃に、孫子(孫武)によって書かれた兵書、というのが定説である。今から2600年も前のことである。

 短い本で、字数にして漢字6000字ほどに過ぎない。古来さまざまな版があるが、この本で引用している岩波文庫版(金谷治訳注『新訂 孫子』)の本文ページ数は、漢文、読み下し文、注記、現代語訳をすべて含めてもわずか160頁弱である。漢文だけであれば、40頁にもならないだろう。

 本の構成は、次の13の篇からなる。どの篇も短く、しかし魅力的なタイトルと内容になっている。

 計篇(第1)、作戦篇(第2)、謀攻篇(第3)、形篇(第4)、勢篇(第5)、虚実篇(第6)、軍争篇(第7)、九変篇(第8)、行軍篇(第9)、地形篇(第10)、九地篇(第11)、火攻篇(第12)、用●(もんがまえに月)篇(第13)

 この短い本が、兵書としては現在でも世界的に有名な古典になっている。また、古来多くの武将がこの本を座右の書とした。

 そのもっとも有名な例はおそらく、三国志で有名な魏の武帝・曹操であろう。彼は、自分で孫子注解を書いた本を残しているほどである(『魏武帝註孫子』)。部下の将軍たちのために書いたのであろう。二世紀の頃のことで、孫子の没後600年以上も経っている。

 しかも、兵書としてばかりでなく、経営やリーダーシップについての本として読む人も多い。孫子はこの本を、国の最高指導者としての君主(君)や戦闘の指揮官としての将軍(将)が戦さというものをどう考えるべきか、彼らのあるべき姿は何か、について書いたのだが、その内容は企業や国の経営について、あるいは人間集団を率いるリーダーのあり方について、深い洞察に満ちている。

 その洞察の源はもちろん第一に、孫子の人間理解の深さにあるのだろう。本のあちこちで、君や将の陥りやすい間違いについて、あるいは現場の兵の心理について、温かくも冷徹な視線を孫子は投げかけている。

 そして深い洞察の第二の源は、国防と戦争について、つねに「物理」と「心理」の両にらみで考えるという、孫子のものの見方の基本であろう。戦争を指揮する人間は、戦争の物理的力学と将兵の人間心理学をきちんと両にらみで考えなければならない、と孫子は考えていたと思う。その複眼が、彫りの深い論理を生み出している。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。