トヨタ式リーダー育成法

「失敗に学ぶ」「失敗を繰り返さない」精神を具現化する 三澤 一文

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 トヨタ自動車はグループ内でリーダー人材を次々に輩出し、業界トップの座を守り続けています。のみならず、リーダーたちが身に付けた経営手法は、他業界にも移植され、成果を上げています。そんなトヨタが、リーダーたちに何を伝え、どういう経験を積ませてきたのかを知ることは、いまの日本企業に対してとても重要なヒントを与えてくれるはずです。

 本連載は、筆者自身がコンサルタントとしてトヨタの人材育成をお手伝いした中で出会ったみなさんの事例を、架空のストーリーとして脚色し、冒頭でOJTストーリーとして紹介。その後の「基礎編」で、トヨタの現場で叩き込まれる問題解決手法の基本を解説しています。

OJTストーリー トヨタの敵はトヨタ

 まず、トヨタ社員の生の声を紹介する。

「将来、起こるだろう問題に対して、準備が遅すぎる」
「打ち手がことごとく後手に回っている」
「過去のしがらみで効率化ができていない」
「無意味に品質が高すぎるのではないか」
「社員のプロフェッショナル意識が低い」
「マネジャーが、現場のメンバーを十分に活用できていない」
「毎日の仕事を粛々とこなすだけで、改革意識が感じられない」......

「遅きに失する」問題会社を救え!

 トヨタのモノづくりの世界では、問題の「早期発見、早期解決」がたいへん重視される。製品のコストや品質などは設計の初期段階、上流工程でその多くが決定されるからだ。このような将来の状況の変化をなるべく早期に見込んで、起こりうる問題の発見、解決を前倒しですることを「フロント・ローディング」と呼ぶ。この考え方はサービスの世界にもあてはまる。将来、起こりうる問題点を予想して、それに対する準備をし、関係するサービスの仕組みやプロセス、システムなどを改善する。そのことで、事態の悪化を回避し、さらに改善するのだ。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。