トヨタ式リーダー育成法

「教える」と「任せる」のバランスでヒトをつくる 三澤 一文

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 トヨタ自動車はグループ内でリーダー人材を次々に輩出し、業界トップの座を守り続けています。のみならず、リーダーたちが身に付けた経営手法は、他業界にも移植され、成果を上げています。そんなトヨタが、リーダーたちに何を伝え、どういう経験を積ませてきたのかを知ることは、いまの日本企業に対してとても重要なヒントを与えてくれるはずです。

 本連載は、筆者自身がコンサルタントとしてトヨタの人材育成をお手伝いした中で出会ったみなさんの事例を、架空のストーリーとして脚色し、冒頭でOJTストーリーとして紹介。その後の「基礎編」で、トヨタの現場で叩き込まれる問題解決手法の基本を解説しています。

OJTストーリー モノづくりのさらなる飛躍を目指して

 まず、トヨタ社員の生の声を紹介する。

「部署間連携の仕事ができていないのでコスト低減が進まない」
「職場コミュニケーションが十分でない」
「各組織に適切な能力の人材が配置されていない」
「人材育成制度が形骸化し、実践されていない」
「職場でのOJTに十分な時間が割けていない」
「中期的な視点での採用、教育、ローテーションがなされていない」
「工場間で管理レベルがばらついている」
「経営リーダーの継承の仕組みができていない」......

シンプル&スリムがカギ

 モノづくり力を継続して強化するためには、時代が変わっても、自分たちの変わらない部分での改善、改革が必須だ。それが会社の足腰を強くする。そのためのトヨタの着眼のひとつが「シンプル&スリム」だ。設備を壊れにくく、万が一壊れても簡単に修復可能とするために、設備を極力シンプルにする。これが設備投資の削減や設備償却費の低減につながる。プレス、鋳造、鍛造などの型をはじめ、生産設備やライン、工場建屋までも徹底してシンプル&スリム化を行なう。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。