現場スピードを極める情報活用

システム開発の「不都合な真実」を乗り越えよ ITジャーナリスト 田中克己氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 これができるのはITベンダー側にもその業界や業務に対して相当なノウハウを持っているからだ。

 ECサイトの事例では、開発を担当したITベンダーは以前からカタログ通信販売やECサイトの構築をたくさん手掛けていて、ダイレクトメールやビッグデータの解析にもノウハウを持っている。そういう豊富な経験とノウハウを生かしているからこそ、システム開発をスピードアップできた。おそらく今後は、「ECサイトなどから得たデータをどう生かして売り上げを伸ばすか」という領域にまでITベンダーも踏み込んでいくのではないのか。

――成果報酬型の仕事を引き受けてくれるITベンダーは増えているのか。

 そういうITベンダーが増えていくべきだと考えているが、今のところ業種・業務が限られている。システムを導入したことによる成果が売上高のような数字に換算できる場合でないと、成果報酬型のシステム開発は成り立たないからだ。

クラウドの活用が主流に

――自社開発と成果報酬型の開発が無理だとしたら、どんな選択肢を考えるべきか。

 大きな流れとなっているのは、やはりクラウドサービスの利用である。

 今、個人向けに無料の電子メールやコミュニケーションツール、オンラインストレージなど多種多様のクラウドサービスがある。同様に、前回述べた「freee」というクラウド型会計ソフトのように、企業向けのクラウドサービスも非常に多い。SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)とも呼ばれている。システム開発は、こうした企業向けのクラウドサービスを活用して早く作る方向に向かっている。

 企業向けのクラウドサービスには、無料で試用できたり、利用申し込みをしたその日からサービスを利用できたりすることが多い。「こんなシステムが欲しい」という要求にぴったり合うサービスが見つかれば、それを使うのが一番早い。利用料金はピンからキリまであるので、よく吟味してほしい。

――とはいえ、要求にぴったり合うサービスが見つかるとは限らないだろう。

 企業向けのクラウドサービスは本当にたくさんあるので、業種・業務をかなりカバーしている。ただし、こういうサービスはある程度汎用性がないと多くの顧客を獲得できず、赤字になってしまうから、顧客の事情に合わないことはよくある。独自性や戦略性の高いシステムだと、適当なサービスが見つからないこともあるだろう。

 そういうときは、「クラウドインテグレーター」と呼ばれるITベンダーに依頼する手もある。クラウドインテグレーターと名乗るベンダーにはいろいろなタイプがあるのだが、ここでは「こんなシステムが欲しい」という要求に合ったものをクラウド上で開発してくれるITベンダーと考えてほしい。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。