現場スピードを極める情報活用

システム開発の「不都合な真実」を乗り越えよ ITジャーナリスト 田中克己氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

「基幹系」の重要なシステムも作っている

 事例の話に戻る。業務の現場にいる人でもシステムを開発できるようにする手法やツールはいろいろあるのだが、この顧客ではある開発手法とプログラミング言語を採用した。技術的な説明は割愛するが、30くらいのコマンドを覚えるだけで、たいていの業務処理用のプログラムを記述できるそうだ。20代から50代まで、幅広い人たちが開発に携わっている。

 もちろん、ITの専門家でなければできない作業もあるので、実際はある程度手伝ってもらうのだろう。

――ちなみに、こういうシステム開発の仕事は、文系より理系のほうが向いているのだろうか。

 文系か理系かは、あまり関係ないだろう。システム開発を経験したある大手ITベンダーの歴代社長を見ても、文系が多いではないか。OS(基本ソフト)のようにシステムの基盤となる技術を開発するのは理系が多いが、業務の知識を使ってシステムを作るという場面では、理系と文系の差はないと思う。

 システムを作る作業の流れは従来と大きくは変わらない。「どういうシステムを作るか」という要件をしっかりまとめて、設計、プログラミング、テストをする。だが、作業の流れは同じでも、開発者が現場の人なら業務を知りつくしているから、伝言ゲームのような伝達漏れや誤解は生まれにくい。

 しかも、要件定義からテストまでの一連の作業を同じ人がやれば、開発スピードがさらに上がるだろう。実は、一般的なシステム開発では設計者とプログラマーは別の人なので、両者の間で仕事を受け渡すために多数の文書を作成しなければならない。それに比べ、現場の人がすべての作業を受け持てばそういう文書作成の手間がなくなり、生産性が高くなる。

――それにしても、現場の人をシステムの開発に振り向けると、通常業務が回らなくなってしまう可能性がある。

 そういう場合は、何らかの協力者が必要だろう。現場に余裕がなければシステム開発に人を割くのは難しい。自社開発というのは、すべての企業や部署で実践できるわけではない。だから、ほかの選択肢も考える必要がある。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。