不祥事は、誰が起こすのか

権威勾配が急すぎると、粉飾そして破綻という大事故につながる 植村修一氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

決まり文句、「関係の皆様方」が見逃すもの

「お客さまをはじめ、関係の皆さま方にご心配とご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫び申しあげます」

 これは、2013年9月27日、みずほ銀行が、一部提携ローンにおける反社会的勢力との取引に関して、金融庁から業務改善命令を受けたことを公表した際の一文です。関係の皆様方(関係者)とは、経営学やコーポレートガバナンスで言う、ステークホルダーのことでしょう。最近、不祥事があった場合、対外発表文や記者会見において、関係の皆様方とか、関係各方面という言葉がよく使われるのは、ステークホルダーが意識されてのことと思われます。

 しかし、株主でも預金者でも債務者でも行員でもない一般の人が、自分には関係のないこととして、漫然と報道を聞いていたでしょうか。そうではなく、多くの人が違和感なり憤りをもってニュースを受け止めたのではないでしょうか。

 この辺が実務家のはまりやすい落とし穴で、メガバンクともなれば、直接利害関係のない人にとっても他人事とは思えず、少し専門的な思考をする人なら、「わが国金融システムの中核的存在である金融機関のリスク管理は大丈夫だろうか」「これはほんの一部であって、実は、反社会的勢力に対し巨額な資金が流入しているのではないだろうか」などと疑ってしまいます。

 企業でも公的な機関でも、社会における自らの存在や意義、一般の人の視点などを十分考慮した対応が求められます。このことを考えることは、単なる広報上の問題ではなく、リスク管理の意識(みずほ銀行のケースでは、反社会的勢力との関係遮断の重要性)や実効性にも関係します。

 2013年11月13日、みずほ銀行の佐藤頭取(当時)が、衆議院財務金融委員会において参考人として発言したときの冒頭です。以下のように変わっていました。

「お客様、株主、あるいは関係各位の皆様方に大変なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、また広く社会をお騒がせいたしましたことに関しまして、深く心よりおわびを申し上げたいと思います」(議事録)

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。