女性が活躍する会社

女性活躍推進の効果を最大化するには 大久保幸夫、石原直子氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 女性活躍推進は女性のためではない、と言ったらおかしいでしょうか? しかし、これは事実です。女性に限らずすべての人にとって働きやすい組織をつくるためのきっかけが、女性活躍推進なのです。

女性だけのチームはいらない

 女性活躍推進のための取り組みというと、「女性だけのチームをつくる」というアイデアが出てきます。実際そのようなアクションをとった企業はたくさんあり、新聞記者からも、それらのニュースについてコメントを求められることがあります。私たちは前向きなコメントをすることができないので、たいていはコメント部分はボツになってしまいます。

解決策というより回り道

 確かに女性ばかり集めれば、今までとは違うイメージを打ち出せるかもしれませんし、必然的に女性をリーダーにすることもできます。経営陣からすれば「新しい対策を打ち出した」という実感も得られるでしょう。しかしそれでは、「当社では女性活躍がまったく進んでいません」と広報しているように見えてしまいます。

 第3回のクォータ制のところで説明したように、片方の性が一定比率を切らないようにするということが大事なのであって、女性ばかりの世界をつくることが狙いなのではありません。ベンチャー企業で女性が経営者の会社では、従業員がほとんど女性という会社もありますが、それが業種特性であったとしても、早い段階で不具合が生じて、男性社員を採用することになるものです。

 世の中には男と女が半分ずついます。そして性別の違いからくる差もあります(能力が高いとか低いとかではありません)。社会においても、職場においても、男女が協力し合いながら活動することによって得られる成果が大きいのです。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。