「論語と算盤」と現代の経営

今は『論語』の解釈を考え直さなければならないタイミング 守屋淳氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 「実行」や「信頼」といった現代が直面する難問をもとに、渋沢栄一や「論語」の教えを実践している経営者の方々にインタビューしました。評論家や学者といった立場からの声ではなく、生々しい現場を預かる責任者の声として、きわめて示唆に富んでいると筆者は考えます。混迷の続く時代を照らすヒントとして、本連載を活用して頂ければ幸いです。

 第5回目の今回は、スクウェア エニックス・ホールディングスの前社長である和田洋一さんにお話を伺いました。

 なお、本文に登場する人物の年齢や肩書き、数値データなどは原則としてインタビュー当時のものですが、プロフィールは2013年6月現在の情報を表記しています。

論語 渋沢派

守屋 以前、和田さんと一緒に『論語と算盤』の読書会に参加させて頂きました。参加されていた経営者の方は、素晴らしい方々ばかりだったのですが、その中でも和田さんはご見識に溢れていました。こんなに頭のいい人が世の中にいるのだなと、私自身ショックを受け、勝手に師匠と崇めて私淑しています。

 そんな和田さんに、まずは『論語』や『論語と算盤』、渋沢栄一に対して、どのように感じられているかを、おうかがいしたいと思います。

<FONTBOLD />和田 洋一(わだ よういち)</FONTBOLD></p><p> 1959年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業。野村證券勤務を経て、2000年より株式会社スクウェア取締役。翌01年、社長に就任。03年、エニックスと合併しスクウェア・エニックスとなった際も引き続き社長職に留まる。06年に完全子会社となったタイトーの代表取締役社長に就任。野村證券時代には2年間外務省に出向。ワルシャワの日本大使館で文化担当官を務めた。

和田 洋一(わだ よういち)

 1959年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業。野村證券勤務を経て、2000年より株式会社スクウェア取締役。翌01年、社長に就任。03年、エニックスと合併しスクウェア・エニックスとなった際も引き続き社長職に留まる。06年に完全子会社となったタイトーの代表取締役社長に就任。野村證券時代には2年間外務省に出向。ワルシャワの日本大使館で文化担当官を務めた。

和田 私は、経営者になろうと志した時、テーマを絞ることにしました。40歳になる時がちょうど2000年くらいですから、21世紀になって初めて実現することに貢献しようと思っていました。その後、考えをまとめ、2つに絞っていました。

 1つは社会をつくること。これはインフラがIT・ネットになるために、今までとは違う社会形成がなされるであろうと考えたためです。もう1つは命をつくること。バイオの分野ですね。このどちらかに身を置こうと思っていました。偶然に出会ったゲームというのも、ネット上のコミュニティーを作る急先鋒ですから、広い意味では新しい社会を作ることだと自分の頭を整理しました。私は21世紀に初めてできる2つのうちの1つ、社会を作るということに自分を賭けることにしました。

 他方、『論語』は、人間社会がいかにあるべきか、組織はどのようにあるべきかを説いた教えだと思っています。社会に対して非常に透徹した見解が展開されており、学ぶことが非常に多い。経営学ではドラッカーなんかも好きなのですが、これも社会というか、組織のことを説いており、『論語』の一部を切り取るとこうなるのではないかとすら思っています。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。