クロネコ遺伝子-生き続ける「小倉昌男イズム」-

「需要など存在しない」――必要なのは新しい世の中をつくること 岡田知也氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 クロネコ遺伝子とは、「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親である小倉昌男氏が愛情を注ぎ育て上げたヤマト運輸の遺伝子であり、小倉氏の人格そのものです。では、その遺伝子とはどのようなものか? 一歩離れたところから、かつて小倉氏から直接受けた言葉やその行動を振り返りながら、強いクロネコ遺伝子の秘密を私なりにまとめたいと思います。

需要など存在しない

 お客様の声に耳を傾け、製品やサービスをつくり出す。この考え方は企業経営の王道と言えます。現在でも、新人研修などでは必ず学ぶ理論です。

 あるとき小倉昌男氏は、私たち本社の社員の前で語りました。

『そもそも、はじめから需要など存在しないと思いますよ。需要は私たちがつくっていくものだと考えています』

 そもそも需要とはなんたるか、と考えさせられてしまいました。

 平素から、ヤマト運輸がお客様の声を聞いてこなかったのかというと、そうではありません。むしろ、とことんお客様の要望に対応してきたので大きく成長できたのだと、社員はみなそう自負していました。そんなところに発せられた『需要など存在しない、つくるものだ』という言葉に、社内で議論がわき起こりました。

 時々、小倉氏は私たちに、変化球的な考え方を投げてきます。バッターボックスにいる若手には到底打てませんでしたし、キャッチャー役の上級管理職にも受け取れないことが多々ありました。ボール(理論)は必ずストライク(神髄)を狙ってくるのですが、球が大きく曲がる気がするので(私たちにはそう見えました)、上手にボールを捉えることができなかったのです。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。