「なぜか売れる」の公式

売るためには3つのポイントだけで考える マーケティング アイズ代表取締役 理央 周

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 確かに、マーケティング・リサーチという言葉がありますし、マーケティングの基本プロセスとして、市場のリサーチを行うこともあります。もちろん広告を使ってプロモーションも行います。けれども、リサーチもプロモーションも、マーケティング活動のほんの一部分でしかありません。たとえば、商品やサービスの価格を決めるのもマーケティングのひとつの側面ですし、新しい顧客を増やすための営業活動もその範疇(はんちゅう)に入るでしょう。

 そう考えると、マーケティングとは守備範囲が非常に広く、定義も曖昧であやふやです。そんな漠然としたところが、マーケティングをなんだか難しいもの、面倒なもの、やっかいなものと感じさせてしまうのかもしれません。

 そういうわけで、「商品を売るためにはマーケティングが重要だ」と思ってはいるものの、実のところ何をどうしたらよいのかわからない、という方は、案外多いのではないでしょうか。

「売る」のではなく、「売れる」ようにする

 では、質問の答えです。マーケティングを一言で言いあらわすとしたら? セミナーや大学の講義などで、いつも私はこのように説明しています。

マーケティングとは、「自然に売れる仕組みをつくること」

 私は、「マネジメントの発明者」と言われるピーター・ドラッカーが大好きです。彼は、企業の唯一の使命は顧客の創造、つまり自分の会社のお客様になってもらうことだと言っています。そのために企業は何をすべきか。マーケティングとイノベーションだというのです。

 そしてさらに、究極のマーケティングとは「ダイレクト・セリングをなくすこと」だとも言っています。つまり、直接売ることをなくす、直接の営業活動を不要にするというのです。

 誤解をされないように説明を加えるならば、これは、あなたの会社の営業部をなくしましょうとか、営業部員をリストラしましょうと言っているのではありません。顧客に直接「うちの商品を買ってね」と売り込みに行かなくても、買ってもらえる仕組みをつくってから営業をかければ、より効果的だという意味なのです。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。