経済学的にありえない。

五輪やW杯、どれだけ開催国の経済に効くか 佐々木一寿氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

なぜブラジルはインフレが深刻になりやすいの?

 ことブラジルに関していえば、インフレが深刻になりやすい歴史的経済体質の影響も大きいと思います。

 ブラジルは、1990年の3000%というのは極端だとしても2003年には14%台を記録、直近でも5%程度の水準です。ブラジルの中央銀行は2.5~6.5%というインフレ目標政策を設定していますが、2011年では6.64%と、その達成の苦労がうかがわれる数字となっています。

 政策金利は、おおむね7~13%程度で推移しています。名目成長率(実質成長率+インフレ率で計算)から勘案すれば、インフレ対策と経済成長(GDP成長率)との折り合いを考えると、それなりに手堅いところであると感じられます(一般的に、政策金利を低く設定するほど経済刺激にはプラスとなりますが、インフレを助長してしまう恐れも向上する。逆に政策金利を高く設定すれば、景気減退の恐れが出てきやすいのですが、インフレ懸念は後退する)。

去年100円のリンゴが3000円になる、ブラジルの超インフレの正体

 ちなみに3000%のインフレとは、1個100円のリンゴが、1年後には3000円になっている状況です。これは、いまの私たちにとっては、かなり異次元だという感覚なのではないでしょうか。なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。

 ブラジルの通貨は、かつては「レアル」ではなく「クルゼイロ」でした。財政のための紙幣の大量発行や軍事政権の影響などがきっかけで、その大インフレは起こってしまったのですが、いちど国民が大インフレを経験してしまったために、その後にインフレを前提とした思考や行動をみながするようになってしまったようです。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。