起業で本当に成功するために大切なこと

ベンチャー体質こそ究極の競争力 メガチップス会長 進藤 晶弘氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 50歳を目前に、私は大企業をやめて起業することを決心しました。安定を捨ててでも、どうしても自分の手でやってみたい、実現したい事業があったからです。起業家に必要な資質や、大企業に勝つための戦略、次のリーダーを育てるために必要なことなど、実体験から生まれた具体的な知恵を述べていきます。私自身が全身全霊を傾けて生みだした「起業の教科書」です。

大企業でも役立つ人材は限られる

 ベンチャー体質は、企業における究極の競争力です。いかに相手が大きくとも恐れることはありません。

 例えば、大企業体質では、役に立たない多くの非協力者(他人、部外者、抵抗勢力、評論家)を抱え、「誰かがやるだろう、何とかなるだろう、様子を見よう」など、行動が遅いのが通常です。また、会社全体の問題には「自分は関係ない、言われたらその時考えよう」と無関心を装う人がたくさんいます。

 さらに前例のないことや独創的なこと、リスクがあることをやろうとすると合意が得られにくく、抵抗する者の説得に時間がかかります。このため、本質的な問題を解決しようとしても、危機的状況になるまで人は動かず、社内の説得に大半のエネルギーを消耗して疲弊することが多々あります。大企業は多くの人を抱えていますが、実は役立つ戦力(人材)は限られているのです。

 さらに、合意形成が重視されるので、合意を取り付けやすい横並び、あるいは総花的な方針に陥りがちな傾向があります。その結果、戦線は拡大して戦力が分散し、マネジメントの困難性が増大するなど全社行動を統制することができなくなります。また、責任者はたいてい後陣にいて、報告や会議の情報により指示を出して組織を動かそうとするので、現場と乖離しやすくなります。

 そのような状況に陥れば、いったん悪化の兆しが出てきた時には、一転して坂道を転げ落ちるように危機的状況が深刻化していくのです。そして、頼りとしている経営幹部は既得権益に安住してもはや責務を果たす力もなく、社員も権利のみ主張して「過去の遺産」を食い潰す事態になります。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。