ゲーム・チェンジャーの競争戦略

競争のルールを覆す「ゲーム・チェンジャー」の4類型 早稲田大学ビジネススクール教授 内田和成氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 マトリクスに位置する4つのゲーム・チェンジャー─プロセス改革型、市場創造型、秩序破壊型、ビジネス創造型の具体例を見ていきます。

<FONTBOLD />ゲーム・チェンジャーの4類型</FONTBOLD>

ゲーム・チェンジャーの4類型

秩序破壊型(Breaker)

 秩序破壊型は、既存企業にとって最も手強い競争相手です。これまでとほぼ同じ製品やサービスが、異なる儲けの仕組みで提供されるからです。その儲けの仕組みが消費者にとって歓迎すべきものだったとき、既存企業は窮地に立たされます。

 スマホゲーム これまで外出先でゲームを楽しむには「ニンテンドーDS」や「プレイステーション・ポータブル(PSP)」といったゲーム専用機を購入するしかありませんでした。しかし最近では、スマホでも簡単にゲームを楽しめるようになりました。

 しかも、ゲーム専用機用のソフトが1本数千円するのに対し、スマホで楽しめるゲームの多くは無料か、あるいは100~300円程度です。消費者にとっては、ゲーム専用機を持ち歩かなくても、無料あるいは低価格でゲームを楽しめるようになりました。

 既存のゲーム業界の儲けの仕組みはハードとソフトの代金の2本立てですが、実はハードではほとんど儲けが出ておらず、「補完品」であるソフトで稼いでいたのです。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。