ずっと売れる!ストーリー

心を鷲づかみ、五輪招致かなえた感動の黄金律 湘南ストーリーブランディング研究所 川上徹也 氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 タイトルで、どれもおもしろそうで見たいし、感動できそうですよね。「プロジェクトX」には、ビジネスでストーリーを使う際のすべての要素が含まれているといっても過言ではないのです。

 確認しておきますね。

 まず感動のツボを押すストーリーに必要な3大要素。

(1)何かが欠落している、もしくは欠落させられた主人公......主人公(たち)は、社内で窓際だったり、ダメ集団と言われていたり、ライバル他社と差をつけられていたり、失敗を重ねていたり等、いずれも何かが欠落しています。

(2)主人公が何としてもやり遂げようとする遠く険しい目標・ゴール......主人公(たち)は、まわりからは絶対にムリだと思われていた遠く険しい目標に挑みます。

(3)乗り越えなければならない数多くの葛藤・障害・敵対するもの......主人公(たち)には、色々な困難や障害が押し寄せます。もうダメかと思ったとき、解決のヒントを得ます。そしてゴール(商品開発)!

......という訳です。

 あなた自身も、あなたの商品も、あなたの会社も、プロジェクトX化できるネタをぜひ探してみましょう。

川上徹也 著 『ずっと売れる!ストーリー』(日本経済新聞出版社、2016年)第1幕「なぜ、今、"仕事にストーリー"なのか?(理論編)」、第2幕「こんなストーリーが人の心をつかんだ!(実例編)」から
川上徹也(かわかみ てつや)
湘南ストーリーブランディング研究所代表。大阪大学人間科学部卒業後、大手広告会社勤務を経てコピーライターとして独立。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴は15回以上。また並行して舞台・ドラマなどの脚本も手掛ける。広告と脚本、2つの仕事から得た知見をもとに、「物語で売る」という手法を体系化。「ストーリーブランディング」という言葉を生み出した第一人者として知られる。また政治家の演説や経営者のスピーチなどにおける「ストーリーテリング」に注目し、著作として発表。演説分析家としてテレビ・新聞などのメディアにも頻繁に登場している。著書は『物を売るバカ』『1行バカ売れ』『あの演説はなぜ人を動かしたのか』『独裁者の最強スピーチ術』ほか多数。

キーワード:管理職、プレーヤー、マーケティング、営業、経営、人材、IoT、AI

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。