新入社員「伸びる・伸ばす」講座

新人の「マインドセット」を確立させるには クレイア・コンサルティング ディレクター 桐ヶ谷 優

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 4月に入社した新入社員たちも3か月余りが経過し、それぞれの配属先で少しずつ戦力として活躍し始めている頃だろうか。気持ちの中に少しずつ余裕が生まれ始める時期だが、同時に入社時の緊張感が多少緩み始める時期でもある。思いもよらぬ不注意やミスを犯してしまわないよう、新入社員自身が自覚することはもちろん、上司や先輩社員も改めて手綱を締め直す必要があるかもしれない。

 さて、これまで3回の連載では「新入社員は会社の中でどのように行動すべきか?」を論じてきた。今回の連載から「企業は新入社員をどのように育成すべきか?」ということに焦点を当て、新入社員の育成方法について言及していきたい。

まずは、基本作法の徹底を

 新入社員にとって初期の人材教育期間は非常に重要だ。新入社員が最初に受ける教育内容はその後の社会人としての成長に大きな影響を与える。新入社員時代に受けた教育内容を今でも覚えている、というビジネスパーソンは多い。新入社員を育成する上司や先輩社員にとってみれば、この時期にいかにして基本作法を新入社員へ刷り込むか?ということがとても重要となる。初期段階での刷り込みが必要な基本作法としては、一般的に次の内容が挙げられる。

【新入社員が身につけるべき基本作法】

 ・あいさつ

 ・言葉づかい

 ・報告/連絡/相談の仕方

 ・時間を守ること

 ・身だしなみ

 ・その他の社内ルール

 すべて一般的に行われていることばかりだが、新入社員にこれらの基本作法を習得させるプロセスは、第1回(新人は成果より「能力と姿勢」身に付けよ)で述べた「組織の社会化」を進めるプロセスそのものであり、新入社員を組織や仕事にうまくなじませるために不可欠なステップと言える。

 中でも、上司や先輩社員にどのようなタイミングでどのように報告を行うか?ということを早期に習得させることはとても重要だ。組織の一員として円滑に仕事を進めるためにも、「結論から報告する」「事実に基づいて報告する」「簡潔に報告する」といった報告の技法を身に付けてもらい、上司や先輩社員が仕事の一部を依頼できる状況を早期に確立させることが望まれる。そのためにも、初期のうちは、仕事を依頼する側が「いつ報告してほしいのか?」「どのように報告してほしいのか?」を事前に明示しておくことが求められる。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。