AIはあなたのビジネスをどう変えるか

AIは技術と経営を橋渡しするツール ペンシルベニア大学・ビジェイ・クマール学部長 × ドリームインキュベータ・山川隆義社長 対談

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 近年、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット化)、ロボティクスなどの新たな技術のトレンドが生まれ、ビジネスの世界に変革が起きつつある。この流れに取り残されないためにも、日本の大企業は、世界中のカッティング・エッジな人々と付き合いながら、最先端の技術にキャッチアップしていかなければならない。

 その際に日本企業は、以下の3つのギャップを乗り越える必要がある。

(1)技術と経営
(2)日本と米国(海外)
(3)オールド・エコノミーとニュー・エコノミー(自前主義vs.集合知)

 この3つのギャップの乗り越え方について、AIとドローンの世界的権威であり、産学連携にも積極的に取り組んでいる、ペンシルベニア大学工学応用科学部のビジェイ・クマール学部長と、株式会社ドリームインキュベータの山川隆義社長が対談を行った。その内容を3回にわたってお伝えする。

セッション1:技術と経営のギャップ

最先端の技術をビジネスに応用するには

山川 AIの発展は、コンピューティングパワーの向上とネットワーク環境の進化など、様々な技術の発展がベースとなって起こった大きなうねりであると思うのですが、このインパクトについて、どのようにお考えでしょうか。

クマール AIについて考えるためには、まず、その背後にある2つの技術的なトレンドについて考えなければなりせん。まず1つ目に、コンピューティングのパワーが毎年2倍になり続けています。ムーアの法則が終わりを迎えつつあるものの、次の5年の間にコンピューティングのパワーは現在の約30倍に成長すると考えられています。

 2つ目は、データ量の爆発的増加です。2020年にはデータ量が2010年の50倍に増加することになります。この大量のデータから、使える情報を生み出して、ビジネスの世界に変革を起こそうという動きが生まれています。AIやディープ・ラーニングなども、こうした流れの中で脚光を浴びているのです。

出所:産業構造審議会 新産業構造部会のフォローアップ会議Kumar氏プレゼンテーション資料

出所:産業構造審議会 新産業構造部会のフォローアップ会議Kumar氏プレゼンテーション資料

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。