会社の老化は止められない。

M&Aは会社の老化に拍車をかける ビジネスコンサルタント 細谷功 氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 近年の日本では企業の成長手段としてM&A(企業間の買収や合併)が一般的に用いられている。ところが実際は、M&A後の企業統合は難航を極めることが多い。それはなぜだろうか。

合併前後で組織の「質」はどう変化?

 M&A論における「成功」と「失敗」は、株価や企業価値の増減といった「量」で評価され、語られることが多いが、本稿ではこれまで展開してきた「企業の老化度」という観点、ことに合併の前後における「質」の変化に焦点を当てて成否を論じてみたい。

 多くの経営者のM&A後の大きな関心事の1つに「組織間の融合」がある。多くの会社は合併後しばらくすると、「もう融和が完了し、1つになった」とアピールする。

 しかしこれは、エントロピー増大の観点からすると、強い違和感を覚えざるをえない。

 おまけに、経営者の視点では「融合が完了した」といいながら、現場の従業員の意識はまったく異なっていることが多い。

 実感としていえば、「あの人はどちら側出身か?」という従業員間の意識は、おそらくその会社をやめるまでつきまとうだろう。

 「つねに融合は望ましい」という通説に、エントロピーの観点からチャレンジしてみたい。

 まず、企業の買収や合併という組織の併合を「2つの異なる物質が混ざり合う」という物理現象として捉えてみる。

 たとえていうならば、「純粋な砂糖と純粋な塩を混ぜて1つの容器に入れる」という行為をしたときに、エントロピー増大プロセスはどうなるであろうか。

混ぜることで価値は下がる

 『マックスウェルの悪魔』に「庄屋さんと欲張りじいさん」の昔話がある。

 正直じいさんが、功績をあげたほうびに砂糖と塩を庄屋さんからもらった。それに倣って、何も仕事をしていないのにほうびをねだってきた欲張りじいさんをこらしめようとした庄屋さんが「お前にも砂糖と塩を与えよう」といって欲張りじいさんに袋を渡した。糠喜びした欲張りじいさん、もらった袋をあけてみたら、「砂糖と塩が完全に混ざっていて使いものにならなかった」というものである。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。