マネジメントインタビュー

もう「日本人は均質」にあらず? 静かに広がる世代間ギャップ マネジメントソリューションズ 代表取締役社長 高橋 信也氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 いろいろ言いたいことはあっても「黙っておく」、という姿勢の人も少なくないが、長い時間をかけて引き出せば、良い会話、良いダイアログが生まれる。ダイバーシティーマネジメントのためには、皆から話を引き出すことがとても大切だと思う。まずは、異なる意見をぶつけ合うことが必要で、そのための雰囲気づくりも欠かせない。

話を引き出し、多様な意見をまとめる「技術」の訓練を

 ただし、欧米と比べれば、日本では自分の意見を言う教育をあまりしていない。しかも、感情的ではなくて、論理的かつ明確にものごとを述べるスキルを学んでいない。それを前提とした上で、異なる意見をぶつけ合う場を作るには、リーダーのファシリテーションが大切になる。

 大した意見でなくとも「とにかく言うことが大事」という雰囲気をファシリテーションによって醸成する必要がある。異なる意見を言った人が損をする、嫌な気持ちになるような場を作ってはいけない。感情的にならないように、話の流れをリードすることも欠かせない。

 うまく話を引き出せれば、いろんな意見が出る。その結果として、異なる意見が出すぎて、結論を出すのが大変になるという面もある。うれしい悲鳴だが、そういう場面でもリーダーのファシリテーションが必要になる。

 これまで日本でファシリテーションが重要視されていなかったのは、言葉で意見を出し合ってディスカッションする雰囲気が足りなかったからだろう。ファシリテーションを「難しい」と感じる人も少なくないと思うが、ファシリテーションは「技術」なので、学べば誰でも身に付けられる。

キーワード:経営、企画、経営層、ものづくり、技術、人事、人材、働き方改革、イノベーション、ICT、グローバル化

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。