マネジメントインタビュー

製造業「復活の答え」はもう出ている、実行は今 経営共創基盤 代表取締役CEO 冨山和彦氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 日本メーカーはすり合わせが好きなので、何でもすり合わせをしようとする。意思決定もその1つだ。

 すり合わせ文化は、メカトロニクス製品や、異質な技術を接続しなければならないような製品など、熱や質量がかかわってくる部分の設計・製造には非常に有効だ。しかし、それを過剰適用して、意思決定を含むあらゆるものに適用しようとして、多くの日本企業はつまずいている。一生懸命ホウ・レン・ソウして、一生懸命に根回しをするわけだが、そうやっているうちに市場のゲームが終わってしまい、負けてしまうのだ。

 これらが多くの日本メーカーが陥っている罠である。

活路は「スモール・バット・グローバルナンバーワン」

――調子の悪い事業をやめるのはいいのだが、その代わり、どこに舵を切ればいいのか悩んでいる企業が多いのでは。

 現状をもう1度整理しておこう。現実の製造業の世界では、分野によって程度の差はあるが、最終組み立て製品であれ、それに使われているデバイスであれ、猛烈な勢いでモジュール化やオープンイノベーションが進んでいる。オープンイノベーションとは、自社で新技術を地道に開発するのではなくて、外から新技術や良いもの、安いものを調達していく手法で、この流れが急速に進んでいる。典型例は、前述したように消費者向けのボリュームゾーンにあるAV製品やICT製品だ。

 組み立て産業だけの話ではない。半導体や液晶の分野でもほとんど標準的な製造装置を使うようになっていて、製品そのものは組み立て型でなくても、製造プロセス自体がモジュール化してしまっている。なので、そうした製造装置を購入してそろえれば、誰でもそこそこの半導体製品が作れてしまう。本質的には、デバイスの分野でもモジュール化の波にさらされている。そういう世界では、意思決定の速さや意思決定のメリハリで戦わなければならなくなる。

 その一方で、航空機エンジンや医療機器、プロ用の放送機器をはじめ、メカトロニクス製品にはまだすり合わせ要素がたくさんある。

 そして、モジュール化が進んでも、そのモジュールの中にはすり合わせ要素がたくさんある。すり合わせの要素をモジュールの中に閉じ込めているからこそ、モジュールとモジュールを簡単に組み合わせられるわけだ。

 さて、ここからが本題だ。実は日本の高成長・高収益企業の中には、ファナックを筆頭にモジュールを作っている会社が多い。すり合わせ要素を閉じ込めたモジュールというのは、高収益な製品となり得るのである。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。