マネジメントインタビュー

手不足だからこそ、クラウド活用による「増力化と省力化」を ノークリサーチ 岩上由高氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 岩上氏によると、業務の根幹にかかわる生産管理システムや販売システムといった領域では、クラウドサービスの利用はあまり進んでいないという。その理由について同氏は次のように述べた。「生産管理や販売管理は、企業独自の業務フローや固有の機能/要件をシステムに組み込む必要があります。大企業だけでなく中小企業においても、自社の業務に合わせてソフトウェアをカスタマイズするというニーズが存在します。クラウドにも様々な種類があり、『サーバーについては業者が用意したものを利用し、アプリケーションは自社で構築する』といった選択も可能です。これによって生産管理や販売管理においてもクラウド活用のメリットを享受するという方法もあります。ですが、こうした取り組みには相応の手間と費用もかかります。『業務アプリをネット経由で利用するサービス』という意味でのクラウドに関しては、企業独自の業務フローや固有の機能/要件があまりないことが適応の条件の1つになってくるわけです」。

 もう1つ見落としがちな点は、「アプリケーションの変更に伴う負担」だ。「グループウェアやメールといった情報共有に関連するアプリケーションは中小企業においてもクラウド移行が比較的進んでいます。そうしたユーザー企業の多くは既に社内で利用していたのと同じアプリケーションをクラウドでも利用しています。一方、クラウド移行に伴ってアプリケーションを変更すると、『スケジューラーが見づらい』『メールの操作がわからない』といった意見が社員から寄せられるケースが少なくないようです。情報共有のアプリケーションは多くの社員が毎日利用するものですから、アプリケーションが変わることによる社員側の負担も考慮に入れておく必要があるわけです。もちろん、アプリケーションを変えること自体は決して悪いことではありません。クラウド移行に伴ってアプリケーションを変更する際にはデータ移行などの技術的な観点だけでなく、個々の社員にとっての負担(教育などに要する人的コスト)も考えておきましょう」(岩上氏)。

成功するのは「これまでできなかったこと」へのクラウド活用

 では、中小企業がクラウドサービスの活用で成功しているのは、どのような領域なのだろうか。岩上氏は、「今までできなかったことを実現するとか、まだ効率化されていなかった業務を効率化する、コスト面から躊躇していたことを試す、といったことにクラウドサービスを活用していくと良いでしょう。中小企業で『うまく行っている』と感じるクラウド活用には、そうしたものが比較的多く見られます」と説明する。

 岩上氏が「今までできなかったことを実現する取り組み」の具体例として挙げるのは、オンライン・ストレージ・サービス(DropboxやMicrosoft OneDriveなど)だ。

 オンライン・ストレージ・サービスは、インターネット上で文書や画像ファイルを保管するサービスである。複数人でデータを共有したり、外出先から利用したりできる。かつては、無料で利用できる容量が小さいといった課題もあったが、現在ではかなり大きな容量を無料で使えるサービスもある。

 岩上氏は、オンライン・ストレージ・サービスが中小企業に普及した背景について、こう説明する。「スマートフォンやタブレットの普及で中小企業においても『社外からでも必要な情報にアクセスしたい』という意識が生まれました。オンライン・ストレージ・サービスは社内に設置されたファイルサーバーや共有ディスクのクラウド移行というよりも、そうした新しいニーズを満たすものとして導入が進んでいます。結果的には社内に設置されたファイルサーバーや共有ディスクに入っていたデータや文書がクラウドへ移ったことになりますが、『スマートフォンやタブレットを活用し、社外でも業務をこなす』という新たな業務シーンがきっかけとなっているという点が重要です」。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。