儲かる一言 損する一言

お客さんを驚かせる一言 田中公認会計士事務所 所長 田中靖浩

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 「あのお店って、なんかいいよね」

 漠然と感じる瞬間があります。具体的には言えないけれど「なんかいい」店って、たしかにあります。「なんかいい」レストランやショップには、かなりの確率で「感じのいい店員さん」がいらっしゃいます。立地やメニューもさることながら、良い雰囲気の決め手はやっぱり「人」。

 「なんかいい」と思ってもらえるような、キラリと光る魅力をつくればお客さんの印象を変えられるかもしれません。

 それが「おおっ!」とお客さんを驚かせる「たった一言」です。

心をつかむ保険営業をめざせ!

 問題です。

 本音をいえば、あまり会いたくないのが保険の勧誘。

 たとえ友人であっても、その売らんかなという態度には閉口します。

 「友人関係を商売に結びつけるのはやめてほしいな」

 さて、デキる保険営業A氏のキラリと光る「たった一言」とは?

「この保険がぜったいにおトクですよ」
「この保険には入らないほうがいいですよ」

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。