儲かる一言 損する一言

弱みやピンチを逆手にとる一言 田中公認会計士事務所 所長 田中靖浩

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 「なんてこった、これは厳しいぞ」

 商売にはそんなピンチが幾度となくやってきます。

 そこで簡単にギブアップしてはいけません。商売人たる者、ピンチをチャンスに変えるくらいのタフさが必要です。

 自らのピンチや弱点を克服する正攻法より、むしろそれを逆手にとって儲けを増やす奇襲について考えましょう。

 それがお客さんに「ワオ!」といわせる「たった一言」です。

強盗に入られたタコス屋の奇跡

 問題です。

 ラスベガスで開店したが、売れ行きいまいちのタコス屋さん。しかも強盗に入られカネを盗まれるという泣きっ面に蜂の状態。「この苦境を抜け出すための方法はないものか?」。

 さて、店主が広告で放った、起死回生の「たった一言」とは?

「ヤツらはタコスを食べたがっている」
「みなさま、どうぞ助けてください!」

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。