勝ち抜く中小経営への強化書

国内生産拠点のみで生き残るための戦略 日本政策金融公庫総合研究所 主任研究員 森岡 功氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 こうした大手メーカーのニーズに対して、国内中小企業が活躍し得る領域とはどのようなものがあるのでしょうか。海外の競合企業と比べて国内に立地する自社の優位性をどのように活かしていくかという点がポイントとなります。

国内拠点のみで事業存続を図るポイントは3Q+C

 実際に国内の生産拠点のみで生き残りを図っている複数の中小企業を取材した結果、「3Q+C」、すなわち、「Quality(高品質)、Quantity(少量多品種)、Quickness(短納期)、Cost(低コスト)」という領域が強みを発揮し得る有望な領域と考えられます(図表3)。

図表3 国内で生き残る下請け中小製造業が競争優位を発揮しうる領域(3Q+C)

資料:日本公庫総研レポート「国内生産拠点のみで事業存続を図る下請中小企業の戦略」

資料:日本公庫総研レポート「国内生産拠点のみで事業存続を図る下請中小企業の戦略」

 一口にQuality(高品質)といっても、その範囲は図表3のとおり多様です。「高精度」は匠の技とも言える超精密加工が代表的であり、国内生産に一日の長があるケースが残されていると考えられます。「高品質保証」は、システムとして品質を保証することで、信頼性を高めるものです。

 「作り込み」とは発注元が依頼した図面通りに作るのではなく、中小企業ならではの素材や加工技術に関する深い知識に基づいて、設計変更を発注元に逆提案し、より優れた設計図に基づいて生産することです。発注元との緊密なface-to-faceのコミュニケーションがカギを握ることが多いことやモノづくりの強みを発揮できることから海外生産に対して優位性があると考えられます。

 Quantity(少量多品種)は、製造業のイロハとも言えるQCD(品質・原価・納期)に明示的に登場しませんが、総じて海外生産拠点が大量生産によるコストダウンを意図したものが多いだけに有望といえます。少量多品種生産は手間がかかりますが、この手間が発注元企業にとって付加価値となります。

 取材した企業では、個々の顧客からの受注量が少なくても安定した売り上げを確保するために顧客数の拡大に努めるとともに、効率的な生産を行うために多能工化を推し進めているケースが多くみられました。

 Quickness(短納期)は、文字通り迅速な納品を意味し、海外生産拠点に対して優位性があります。実際、納期が翌日となるような受注は海外生産拠点では対応しにくいでしょう。ただ、海外生産よりも短納期を必要とする受注が今後、どの程度確保されるのかに留意する必要があります。

 Cost(低コスト)は、図表3に記載のとおり、何らかの理由で国内生産の方が海外生産より安く対応できる領域であり、例えば、海外からの運送費がかさむような大物製品が挙げられます。また、一貫生産体制の構築や、産業集積地における他企業との連携を通じたユニット納品(単独企業での一貫生産体制構築のハードルが高い場合)によるコスト低減等も考えられます。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。