デジタルトランスフォーメーションへの道

ダイドードリンコがIoT自販機を8万台展開するワケ

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 「属性情報を使えば、飲み物のリコメンド情報を提供することも可能でしょうが、それはお客様が本当に欲しい情報なのかという疑問があります。それより、小さなお子さんがいる男性という属性がわかるようにして、自販機近隣の週末の子ども向けイベントの情報を提供したほうがうれしいかもしれません」(西氏)。

 ダイドードリンコはスマイルスタンドのプロジェクトを通じて、消費者に「毎日、明日が楽しみになる」というコンセプトをこれからも追求していく。それが、回り回って縮小する自販機の飲料市場で勝ち残るための道につながると考えている。

(ライター 岩元直久)

キーワード:経営・企画、経営層、管理職、経営、営業、技術、製造、プレーヤー、イノベーション、AI、IoT、ICT

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。