テクノロジーインパクト2030 Picks

文系でも分かるブロックチェーン メディアスケッチ代表取締役兼サイバー大学客員講師の伊本貴士氏に聞く

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 日経ビジネススクール(日本経済新聞社、日経BP社)では、新事業や経営を担う次世代リーダー向けに、テクノロジーが引き起こす社会や産業の大変革を予測し、それを乗り切る羅針盤となる戦略を伝授する「テクノロジーインパクト2030ブロックチェーン編」を2018年6月11日(月)に開講します。本稿では登壇する講師に、ブロックチェーンをビジネスに活用する上でのキーポイントを聞きます。

 新聞や経済誌、インターネットニュースで「ブロックチェーン」という言葉を目にする機会はかなり増えた。ブロックチェーンの大きな特徴は、「データ改ざんの困難さ」である。この特徴を利用し、仮想通貨や不動産、IoT(モノのインターネット)など多様な用途で信頼性の高い取引や契約ができるようになる。昨今、世間をにぎわせている文書データ改ざん問題も、ブロックチェーンを用いると回避可能とされる。多様な用途で使えるブロックチェーンだが、こうした特徴をブロックチェーンが備える理由を理解することは、情報技術の専門家以外にとって難解な部分があり、誤解が生じるケースもある。IoTコンサルタントの伊本貴士氏(メディアスケッチ代表取締役兼サイバー大学客員講師)に、ブロックチェーンが普及したときのビジネスシーンやブロックチェーンの仕組みなどを易しくひも解いてもらった。

■謎の人物「サトシ・ナカモト」の論文が始まり

 私は様々なところで講演をするたびに言っていることがあります。それは、第4次産業革命時代において世界を変える技術が「IoT(モノのインターネット)」「人工知能(AI)」「ブロックチェーン」ということです。これらの中で、ブロックチェーンは比較的最近になって注目度が高まってきた技術と言えます。

 ブロックチェーンの始まりは、2008年にサトシ・ナカモトという謎の人物が書いたビットコインという仮想通貨に関する論文です。仮想通貨の仕組みを理解するのは情報技術の専門家以外にとって難解な部分がありますが、ご存じの通り、ビットコインをはじめとする仮想通貨は世界中から大きな注目を集め、流行となっています。もはや専門家でなくても、ブロックチェーンは身近な技術になりつつあります。

 私を含め多くの有識者は、このブロックチェーンには非常に大きな可能性があるとみています。適用範囲は仮想通貨にとどまらず、それどころか産業や社会に与える影響度が仮想通貨さえもはるかに凌ぐ用途を生み出す可能性を秘めていると考えています。

 もしかすると、インターネット以来の大発明になるかもしれません。「いくらなんでもそれは言い過ぎでは?」と思う読者の方々もいらっしゃるかもしれませんが、ブロックチェーンはインターネットのように、社会の価値観そのものを変える可能性があります。

■契約、仕入れ、発注、業務委託…全て仮想で完結

 ここからは、少し未来の話をさせていただきます。全く新しい価値観の話なので、皆さんは頭を一度リセットして新鮮な気持ちで読んでいただければと思います。

 結論から申し上げると、ブロックチェーンの世界では、すべてが仮想世界で完結します。それは同時に、例えばビジネスというものが現実世界とは関係なく、一人で自宅の部屋にいて誰とも会話することなく成立することを意味しているのかもしれません。

 そのような世界においては、ビジネスの進め方は現在と大きく違ってきます。会社の資産状況とか、従業員数とか、相手の肩書きとか全く関係なく日々の取引が行われるかもしれません。分かりやすく言い換えると、全ては仮想の世界で物事が起こり、そこに現実世界の価値感は全く関係がないのです。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。