長島聡の「和ノベーションで行こう!」

CMFで日本のものづくりの価値を引き出そう 第14回 玉井美由紀FEEL GOOD CREATION代表取締役に聞く

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

玉井 受け取る側の気持ちがわかるような仕掛けが必要ですね。手に取ったときの感触や色合いなどを気にしない人もいますが、お客さんにとってはすごく大事なことだということを知るだけでも意味があると思います。

CMFはつくる側の「意思」が大事

長島 自分が作った部品が最終的にどんな製品として使われるかも知らない技術者は多い。これでは発想は変わりません。せっかくの高い加工技術が生きない。すごくもったいない話です。製造業のピラミッド構造の裾野が広がる中で、部品会社とユーザーとの距離がどんどん広がってしまいました。

玉井 まず、そこから変えるべきですね。最近はオープンイノベーションの考え方が広がり、仕事のやり方も変わってきています。ただ、デザイナーは技術系製造業の業界に詳しくないし、技術系製造業もデザイナーにどうアプローチすればいいのかわからない。

長島 そこが課題ですね。先ほどの生産性の話に戻りますが、日本ではどうも分母の時間や費用を削る方向に話が進みがちで、分子の価値を増やす意識が薄いと感じています。CMFはその意識を転換するきっかけになると思いますがいかがですか。

玉井 その通りです。価値を生み出すうえで、CMFは作る側、提供する側の「意思」がすごく重要だと思っています。市場の分析や傾向だけで正解が導き出せるわけじゃない。自分の思いをどう表現するか、その手段として使ってもらうものかなと思います。

長島 日本はベンチマークが好きじゃないですか。何でも基準を決めたがる。でも決めれば決めるほど、可もなく不可もなく、失敗もしないものになってしまう。そうではなく、まず意思があって、そのうえで競争力があるかどうか検証するという方が魅力的な製品が生まれますよね。玉井さんが会社を作ったとき、「じゃあ事例を見せて」と言われた話も、相手に意思がない状態なので盛り上がらなかったのだと思います。

玉井 私も事例を紹介するのは、あまり意味がないと思っています。案件によって求められる要素は全然異なります。コンサルティングも同じですよね。

長島 はい。私たちが気を付けているのは、事例をそのままで覚えることをしないということです。事例をなるべく分解して、どんな要素から成り立っているか、抽象度をできるだけ高くしてたくさん用意しておきます。その組み合わせから新しいものが生まれるんじゃないかと考えています。

玉井 なるほど、勉強になりますね。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。