はじめての著作権法

どれが著作権侵害?文章やイラストでの裁判例を見る

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

著作物だと裁判所が判断した表現

(短文)
● 「ボク安心 ママの膝より チャイルドシート」(交通標語。東京地判平成13・5・30)


● 「朝めざましに驚くばかり」「志賀直哉もガーナチョコレートを食べたい」(古文単語の語呂合わせ。東京地判平成11・1・29)


● 「あたたかいご声援をありがとう。昨今の日本経済の下でギアマガジンは、新しい編集コンセプトで再出発を余儀なくされました。皆様のアンケートでも新しいコンセプトの商品情報誌をというご意見をたくさんいただいております。ギアマガジンが再び店頭に並ぶことをご期待いただき、今号が最終号となります。長い間のご愛読、ありがとうございました。」(雑誌の休刊挨拶。東京地判平成7・12・18)


● 「......やりたいことや将来のことなんて考えてなかった。だから中2のとき、友達と一緒にジャニーズ事務所に履歴書送ったときも、絶対スターになりたいって思って応募したわけじゃないんだよね。『芸能人に会えるし、タダで海外に行けるし、大磯ロングビーチにも入れるぜ』みたいな(笑)」(SMAPのインタビュー記事。東京地判平成10・10・29)


● 「私は先月アマンダリに滞在してきたばかりです。アマンダリはどの部屋も塀に囲まれていますので、もし外部から見られるとしても、デュプレックスの2階から少し見られてしまう程度で、アマンキラで言われている丸見えということはありません。通路からは全く見られません。また、どのスイートがどの配置にあるのかわからないのですが、眺めという点では最も渓谷に近い側が良さそうです。ただ、塀がありますので、部屋からではなくデュプレックスの2階から&庭の屋外ダイニングから見る、という感じかもしれません。(実際に渓谷側から見てないのでアバウトで申し訳ありません)」(海外ホテルの口コミ投稿。東京地判平成14・4・15)

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。