はじめての著作権法

「編集著作物」って何?著作物のジャンルを知ろう

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 この連載では著作権法に詳しく弁護士で、文化庁で著作権調査官として働いた経験もある池村聡氏が、著作物とは何かについて解説します。今回のテーマは著作物のジャンルです。

著作物のジャンル例

 前回、前々回と、2回にわたって著作物の定義(4つの要件)についてざっくり見てきましたが、まだまだ著作物というもののイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか?

 そんな人たちのために、著作権法10条1項は、以下のとおり定め、著作物のジャンルを例示してくれています。

(著作物の例示)

第10条
この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。
一 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
二 音楽の著作物
三 舞踊又は無言劇の著作物
四 絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
五 建築の著作物
六 地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
七 映画の著作物
八 写真の著作物
九 プログラムの著作物

 たとえば、このコンテンツは言葉で表現されていますので、一号の「言語の著作物」に当たります。その他、それぞれの具体例については、表1に簡単にまとめたとおりです。

 注意しなければならないのは、これらはあくまでジャンルの"例示"に過ぎませんので、厳密にどれかのジャンルに含まれなければ著作物として認められないというわけでは必ずしもないということです。たとえば、「漫画」のように、言葉と絵で表現された著作物は、どのジャンルの著作物にも当たらない(あるいは、言語の著作物にも美術の著作物にも当たる)と考えられます。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。