FIN/SUM WEEK 2017 注目のプログラム先読み

日英フィンテックのキーマン集う 英国大使館でパーティー UK Fintech Night in Tokyo

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 駐日英国大使館は、国内外のフィンテック関係者が東京に集うFIN/SUM WEEK 2017の一環として、UK Fintech Night in Tokyo を開催します。

 英国ロンドンは250を超える世界の金融機関が集積する世界屈指の金融センターである金融街「シティ」を抱えます。また政府のスタートアップ支援政策や起業家をサポートするエコシステムにより、世界の投資家が注目するフィンテック企業を多数輩出しています。さらに、フィンテック企業と規制当局が協働しながら、金融サービスの利便性、安全性、競争力の向上を追求するイノベーションを生み出すことを目指した実験の場である「レギュラトリー・サンドボックス」の取り組みを世界に先駆けて実施するなど、グローバルなフィン

テックシーンをリードしています。

 英国のフィンテック企業の日本市場への関心は高く、一方で、英国を事業創業・拡大の地に選ぶ日本人起業家も増えてきています。日本の金融庁と英国の監督機構Financial Conduct Authorityがフィンテックにおける協力枠組を今年3月に締結するなど、この分野での日英間の交流は拡大しています。

 UK Fintech Night in Tokyoには、ブロックチェーン、RegTech、サイバーセキュリティーなどの分野で活躍する英国のフィンテック企業9社が参加します。当日はハンコック英国デジタル相やバークレイズのイノベーション部門のヘッドらがスピーチするほか、日英フィンテックスタートアップ9社がピッチを行います。日英のフィンテック業界関係者が交流を深めながら、フィンテック業界の更なる発展へと結びつくことを目指します。

キーワード:経営層、管理職、フィンテック, イノベーション

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。