ダイバーシティーマーケティングの時代

SNSがアジアからの訪日外国人を呼ぶ Fun Japan Communications 藤井社長、稲川COOとの座談会(前編) アクセンチュア 製造・流通本部 秦純子氏、高木研太郎氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

藤井 インバウンドとアウトバウンドは実は表裏一体です。訪日外国人は、訪日前に自分の国で日本の料理を食べる、日本の製品やサービスを購入・利用するといった体験をしているはずで、それは日本企業のアウトバウンド事業が実現しています。海外へ旅行する日本人を考えればよいでしょう。例えばフランスへ旅行する日本人は、日本でフランス料理やフランスワインを体験します。インバウンドの前にアウトバウンドがあり、アウトバウンドの前にインバウンドがあるのです。

共同のプラットフォームが異業種連携を促す

 その意味でFJCのデジタルマーケティング事業は、ソーシャルメディアなどのデジタル技術を通じて形成したコミュニティーを通じて、訪日旅行者の予備軍となる外国人に日本での体験を提供しているとも言えます。同様な外国人向けのデジタルマーケティングは、企業が1社で提供することもできますが、FJCは複数企業が共通に利用するプラットフォームになっている点が特徴的です。

 複数企業が利用するプラットフォームは意見調整などが必要ですが、多様な業種が連携する基盤になり得るところが魅力です。例えば、旅行だけでなく、メーカー、飲食、さらには医療や教育、通信など幅広い業種の企業が相互連携して、新たな訪日外国人向けのビジネスを展開する基盤になり得ます。

秦純子(アクセンチュア 製造・流通本部 マネジング・ディレクター)

秦純子(アクセンチュア 製造・流通本部 マネジング・ディレクター)

藤井 おっしゃるように、プラットフォームでは、幅広い業種の企業が連携することでシナジー効果を追求できます。SNSと店舗、SNSとイベント、SNSとテレビメディアを掛け合わせるなど方法はさまざまです。こうした多種多様なサービスをワンストップで提供することが当社の目標です。

稲川 インバウンドでもアウトバウンドでも、外国人向けの事業を展開する日本企業には、現地の消費者やユーザーを知り尽くす「インサイト(洞察)」と消費者やユーザーから信頼される「エンゲージメント(ブランドへの愛着心)」が不可欠です。いかに現地の消費者を知り尽くせるのか、現地の消費者に対して自分たちのブランドへの愛着心を築くのかが、普遍的なテーマです。

インバウンド市場攻略で最も重要な2つの要素(出典:Fun Japan Communications)

インバウンド市場攻略で最も重要な2つの要素(出典:Fun Japan Communications)

 日本の大手企業は、日本の消費者に対してはインサイトもエンゲージメントも十分得ていますが、外国人に対しては不十分な場合が珍しくありません。では、外国人に対するインサイトとエンゲージメントをどのように得るのか。1社単独でその施策を行う方法と、同じ目的を持つ複数の会社がプラットフォームを作って共同でその施策を行う方法がありますが、当社は後者の方法を推進しています。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。