都道府県格差

国民総幸福量(GNH)にも表れない実感は? 橘木 俊詔 氏、造事務所

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 ちなみに、2017年の「世界幸福度ランキング」で日本は、調査対象全155カ国中51位でした。パレスチナ問題など紛争を多く抱えているイスラエルが11位ですので、それよりも日本の幸福度が低いとされていることに納得のいかない人もいるでしょう。

 幸福度を測る指標は、ブータンのGNHや国連の「世界幸福度ランキング」以外にもあります。

 イギリスの独立系シンクタンクであるニュー・エコノミクス財団は毎年、地球幸福度指数(HPI)というものを公表しています。

 これは、国民の満足度や環境への負荷などを基準に算出されるもので、2016年の統計では、1位・バヌアツ、2位・コロンビア、3位・コスタリカ、4位・ドミニカ、5位・パナマと、なぜか中南米の国が上位で目立ちました。

 こちらの調査でも、日本は対象国全140カ国中58位と低迷しています。

 このように、調査方法によって、どこが「幸福な国」かということについては、まったく違う結果が出てしまうのです。また、どのランキングでも日本の幸福度は比較的低い傾向にありますが、日々の暮らしに多少の不満はあったとしても、世界の国々とくらべたとき、そこまで自分たちが不幸と感じている日本人は、あまりいないのではないでしょうか。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。