都道府県格差

なぜ?幸福度1位の都道府県は福井県 橘木 俊詔 氏、造事務所

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

いま、なぜ地域格差が注目されるのか

 日本国憲法第十三条には、次のように書かれています。

 「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」ここでは、日本国民ならどこに住んでいても幸福になる権利があるということが高らかに謳われています。

 ところが、残念ながら現実には、暮らしている地域によって「幸福」の度合いに格差があると言わざるを得ないことは、多くの人が実感するところでしょう。

 たとえば、生活の基本となる平均年収ひとつとっても、都道府県ごとに非常に大きな格差が存在しています。もちろん、年収の格差が、そのまま幸福の格差に直結するわけではありません。しかし幸福の格差の一因には間違いなくなっているはずです。

 じつは、このような地域ごとの格差は以前から存在していました。しかし、昔は日本全体の経済成長率が高かったため、あまり問題視されることはなかったと考えられます。多くの日本人が「たとえいまは格差があっても、いずれは日本中どこに住んでいても平等に幸福になれるはずだ」と信じられる時代だったのでしょう。

 ところが、経済の成長率が鈍り、さらに少子高齢化社会、人口減少社会になっていく過程で、改めて地域格差の問題が注目されるようになってきています。

 一部の大都市圏以外の地方は、このままでは共同体が成り立たなくなるのではないか、という危機感も高まっているようです。また大都市圏では、「自分らしく生きたい」と考える都市生活者が、地方を見つめ直す視点が生まれています。近年、マスコミなどでこの問題が大きく扱われるようになった背景には、それらの事情があるのでしょう。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。