激化する採用戦線 中小企業の戦い方

説明会、どうしたら学生がきてくれる? 採用コンサルタント 谷出正直氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 メールを作るとき、学生と出会うとき、採用担当者としては縁があって企業を見つけてもらい、エントリーしてくれているのであれば、彼らが納得する就活をするにはどうしたらいいか、という観点で考えることが大切です。私の経験ですが、このように就活生に連絡すると、説明会の予約率は上がるし、エントリーシートの返信率は、倍くらいにはなってきます。就活生を学生と思わず、一人の社会人として接することが大切だと感じています。

 もう一つの効果もあります。スクリーニング効果です。こういったアドバイスを含むメールを見て反応する学生は、「素直」ともいえます。素直にアドバイスを聞き入れ、行動に移せる。採用対象として、「素直な学生がほしい」という場合、こういった取り組みで、一種のスクリーニングができる、という効果もあります。

 説明会の案内メールの文面に、トップからのメッセージを入れることも有効です。中小企業において、トップの意向は採用に大きく関わります。また、入社してからもトップと合うか合わないかは定着や活躍において大きな影響を及ぼします。

ハデな説明会、意味がある?

 「話題になるような、変わった説明会をしたい」と相談をいただく会社があります。私はまず初めに、「なぜそういったことをしたいのか?」「その説明会を通じて何を伝えたいのか?」を確認します。単なる話題作りだけで実施すると、一時的に学生は集まるかもしれませんが、入社に至らなかったり、入社に至っても早期退職につながったりします。その華やかなイメージと現実にギャップが生まれてしまうからです。

 変わった採用方法は、そのものが「良い、悪い」ではありません。その会社の目的にぴったりあっていれば問題ないのですが、ただ意味なく芸能人などを活用しても、ただ話題作りに終わって採用につながらないでしょう。

関連情報

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。