転職に向いている人 転職してはいけない人

日本人独特の「謙譲」が転職のチャンス逃す 黒田真行

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 単なる「情報提供者」ではなく「人生の応援者」になってくれるかどうか。そんなエージェントと出会えるかどうかによって、確かにキャリアの道筋は大きく変わるかもしれません。

インパクトのある自己PRで自らを売り込む

 経営層・管理職クラスの百戦錬磨のビジネスパーソンであっても、転職には慣れないもの。ご自身で最初に作成したレジュメ(職務経歴書)では相手企業に強みがまったく伝わらない、というのはよくあることです。特に、「やってきたこと」だけが羅列されていて「成果」が不明瞭、というケースがよくあるパターン。どう伝えれば自身の価値がよりストレートに伝わるのか? 実際にエグゼクティブの転職支援を手がけている、株式会社リクルートエグゼクティブエージェントのコンサルタント、中村一正氏、渡部洋子氏、山室広幸氏の3人のプロのコメントを交えてお伝えします。

「このプロジェクトを手がけました」だけでは伝わらない

 「前職企業では、○○のプロジェクトを手がけてきました」

 キャリアコンサルタントとの最初の面談において、ご自身の実績を語る際、手がけたプロジェクトの概要だけを話して終わる人は少なくありません。それが世間にも広く知られた商品やサービスなどである場合、ご本人はことさら自信満々に「あれは私がやりました」と語ります。しかし、その詳細な内容やご本人の関与度についてキャリアコンサルタントに深く突っ込まれると、途端に歯切れが悪くなる人も。

 「私たちコンサルタントは、その方のお仕事ぶりを具体的にイメージできるように、細かなプロセスをお聞きします。例えば、『最初は何人のメンバーからスタートされたのですか』『そういう会議は本社の会議室で行うのですか』『提携先はどのように選んだのですか』『社内調整や取引先との交渉で苦労したことは』といったように。そうした質疑応答を重ねるうちに、『実務は部下たちがやったんだな』『プロジェクトを回していたのは上司で、この方は事務手続きを担当していたんだな』といったことがわかってきます。当然ながら、採用側の企業も同じようなことを突っ込んで聞きますので、『このプロジェクトを手がけました』だけのアピールでは評価されにくいといえます」(中村一正氏)。

 携わったプロジェクトでの実績をアピールするのであれば、「その中で自分はどんな役割を担ったのか」「自分の職責において、具体的にどんな成果を上げたのか」まで伝えないと、採用側は納得しないというわけです。今後、転職を視野に入れている方は、担当してきたプロジェクトにおいて、これらの点を明確に整理しておくことをお勧めします。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。