経営トップのための"法律オンチ"脱却講座

ケース25:危ない会社の窮状につけ込んで、うまいこと乗っ取れ! 弁護士・ニューヨーク州弁護士 畑中 鉄丸 氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

顧問弁護士 畑中鉄丸の助言

「死に体の」会社との付き合い方

 フツーの会社、すなわち、経営が苦しくても事業資金を返済できる力のある会社であれば、カネに困ったときは真っ先に銀行に相談に行きます。

 「トライアングル」社がフツーの会社であれば、設例の菅野さんのような「キャバクラやホストクラブを経営し」ているような会社のところには寄りつきませんし、頭を下げたり、涙を流して救済を求めるようなことをしないでしょう。

 裏を返せば、菅野さんのような「特徴的なご商売をなさっている会社」にカネの無心に来る、ということは、銀行はおろか、ノンバンクも見放し、本当にカネに困っていて、浮かび上がる可能性が限りなくゼロに近い状態にある、ということが言えます。

 当然ながら、そんな状態の会社にカネを貸しても、返ってこない可能性はほぼ100%ですし、一番のオススメは、情に負けず、救済を拒否し、関わりを断ち、手ぶらで追い返すことです。

 とはいえ、設例の菅野さんのように、単純に金融の目的ではなく、「普段だと、お近づきになろうにも上から目線でケンモホロロに追い返される、高嶺の花のような企業」の窮状につけ込み「恩を売って、デカイ顔して、経営に参画したい」という目的を含めるのであれば、うまいことやる方向で考えることもアリです。

 すなわち、戦略的な思考と、交渉技術と、法律テクニックを駆使して、「うまいことやる」可能性なきにしもあらず、といえます。

 つまり、目的をきちんと整理し、目的から逆算して、リスクを考えながら、「リスクが制御可能かどうか、最大どのくらいのリスクを負担するのか」を勘案しながら、「金融の利益」と「事業乗っ取りの利益」という2つの利益を視野に入れ、「どうにかこうにか、何らかの利益を得る」ということが想定されます。

 以下、「(卑怯で、姑息で、エゲツない類いの)思考実験」ということも含め、この種の「死に体の」会社と付き合いながら、何らかのメリットを達成する方法を考えてみたいと思います。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。