経営トップのための"法律オンチ"脱却講座

ケース10:"固定残業代制度"で、残業規制も難なくクリア!? 弁護士・ニューヨーク州弁護士 畑中 鉄丸(はたなか てつまる) 氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 何とかならないかしらって思っていたら、知り合いのタクシー会社の社長さんがいいこと教えてくれたの。「残業代」や「深夜手当」をあらかじめ含ませた形で「固定給」を決めとくんだって。

 この方法なら、固定給が大きくなるじゃない。「基本給20万円」と「固定残業代5万円」で「固定給25万円」って言ったら、同業他社と比べてもものすごい給料いいですもの、いい人がいっぱい集まってくるわ。

 それに、キビキビ仕事して、早く帰ってもらっても、固定して5万円は払っちゃうのよ。これならやる気のある人に、さらにやる気を出してもらえるから、職場の雰囲気もよくなったわ。

 そして、この「固定残業代5万円」には、「残業代月30時間分」と「深夜手当」全部が含まれているってことにするみたい。残業代に関する色々面倒な事務手続きが省けるし、最初っから残業代とか、深夜手当とかはこんだけって決まって見通しがきくから、経営戦略上もずいぶん楽になったわ。

 こうやって順調にお店を拡大して、利益も上げてきたんだけどね、この間、うちをやめた従業員が残業代を払えって言ってきて。

 しかもその言い分が、「俺は休日出勤をしたのに手当が支払われていない。ちゃんと手当を支払え」だとか、「5万円の残業代ってだけじゃ、どれだけ残業代支払って、深夜手当をもらったか分からない。25万円丸々『基本給』としてこれに上乗せした時間外労働と深夜労働の『割増賃金』を支払え!」って言うんだから。

 も~これだからちゃんと就業規則を読めない人はやんなっちゃうのよねぇ。ちゃんと、「基本給」は20万円、「残業代」、「深夜手当」として「固定残業代5万円」、これらを合わせた結果が「固定給」25万円となっているんですもの。ここでどうして25万円を基本給にして残業代を計算しなきゃならないのよ。

 言ってることが意味分かんないわ。私はちゃんと残業代だって深夜手当だって支払っているのよ。

 先生、こんなちゃんと文章も読めない人たちにいちゃもん付けられるほど私ヒマじゃないの、パパっと片付けちゃってちょうだい。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。