パクリ商標

大量出願OK 商標ルールの盲点 知財コミュニケーション研究所代表、弁理士 新井 信昭氏

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 商品、サービス、コンテンツのヒットを受けて商標登録を申請したら先を越されていた......。なぜ許されるのか。 有名ブランドをパロディーにしたと思われるあの商標。「ご本家」の無効請求に対し、裁判所が示した判断は? 商標を巡る謎解き。最終回はルールの盲点を解説します。

特定出願者に対応? 特許庁の奇妙な「お知らせ」

特定企業・個人による商標の大量出願に対し特許庁がやっと重い腰を上げた

特定企業・個人による商標の大量出願に対し特許庁がやっと重い腰を上げた

 2017年6月21日、特許庁は、「手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願の審査について(お知らせ)」をホームページに掲載しました。一部を引用します。

 「最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われています。しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。

  特許庁では、このような出願については、出願の日から一定の期間は要するものの、出願の却下処分を行っています。」

 ところで、「瑕疵」ってすんなり読めない言葉ですよね。これは「カシ」と読みます。ここでは「傷」という意味にとってください。特許庁が言っている瑕疵のほとんどは、出願人が払うべきお金を払っていないという傷のことです。ちなみに、瑕疵が治ることを「治癒」と言います。具体的には、お金をちゃんと払うことです。治癒もワープロでないと使う気にならない漢字ですが、傷を治して心を癒すという、やさしい言葉なのです。

 また「却下処分」は、一度は受け付けた出願を差し戻すことです。却下処分された出願は、はじめからなかったことになります。これによって、行く手を阻んでいたパクリ商標が消え、後願の商標が登録されるわけです。

 どうしてこのようなアナウンスが出てくるのかというと、おそらくB社とその代表者で元弁理士のU氏による大量出願の対策のためです。ネットでも批判が渦巻いていますし、テレビでも取り上げられたことから、ご存知の読者もたくさんいらっしゃると思います。

 何のためにそのようなことをするかというと、本人がテレビで話していましたが、「ビジネスのため」。つまり、出願を売ってお金に換えることが目的です。ちなみにB社は、『マリカー』の商標も出願しています(商願2017 ― 23139)。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。