調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

海外業界動向、政府統計はレファレンスサイトが便利 イーパテント 代表取締役 知財情報コンサルタント 野崎篤志

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

(3)政府統計の総合窓口(e-Stat)

 最後に、筆者のおススメ情報源ウェブサイトとその利用方法でも取り上げましたが、統計情報のレファレンスサイトとして政府統計の総合窓口(e-Stat)を紹介したいと思います。

図表5 政府統計の総合窓口(e-Stat)

 リサーチ・ナビや先ほどのレファレンス協同データベースは書籍・新聞・雑誌やインターネット情報源について情報を入手するためのサイトでしたが、e-Statは日本を中心とした統計データを入手するための入り口です。日本には様々な官公庁が存在しており、それぞれの官公庁が多種多様な統計データを整備しています。このe-Statでは、その統計データを一元的にまとめて提供しています。

図表6 政府統計の総合窓口(e-Stat) 主要統計分野

 私の場合は、製造業のクライアントからコンサルティング案件のご依頼をいただくことが多いので、鉱工業の中でも「工業統計調査」を利用することがよくあります。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。