天下人たちのマネジメント術

西郷、ナポレオン...読みたい歴史書10冊

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 今年の年末年始は日並びの関係でそこそこゆったりできそうだ。手軽なハウツーものではなく、じっくりアカデミックな本を繙(ひもと)いてはどうだろうか。西郷、ナポレオン、藤原一族......今年後半発行の書籍を中心に「あすのビジネスに役立つ歴史書」10冊を選んでみた。

西郷隆盛の体調問題からストレスの原因まで描く

(1)「西郷隆盛」(ミネルヴァ書房、税抜4000円)

 次期大河ドラマ主役の関連本がおびただしく出版されるのは歳末恒例のシーンだが、来年は日本人に人気の高い「西郷どん」とあって、この年の瀬はとりわけ書店売り場の占有率が高い。しかしその中で1冊を挙げれば本書を著した家近良樹氏の1冊だろう。数多い類書の中で、この著者の研究を参考にしなかったのは、ほとんどないのではないだろうか。それくらい1次史料を渉猟した研究レベルが段違いだ。

 ただ著者はいわゆる「西郷隆盛ファン」ではない。亡き西郷へのファンレターを書き綴ったかのような礼賛本とは一線を画している。初めての一般向け新書のタイトルが「孝明天皇と一会桑」だから、“薩長史観”と一番かけ離れた場所にいる研究者の1人だ。著者は「西郷ほど、死後多くの日本人の心を深く捉えた歴史上の人物はいない」と語る。その中でまだまだナゾの多い西郷の行動を解き明かそうとする。深刻な体調不良や人間関係のストレスまで踏み込んでいる。これから組織のリーダーになろうという方は、もう一度自分自身の覚悟を決めるためにも是非一読を。

(2)「ナポレオン時代」(中公新書、同960円)

 ナポレオン関連書籍は60万冊にも及ぶという。フランス史研究のアリステア・ホーン氏の訳書。英国人なので隣国・フランスへの適度な距離感と大久保庸子氏の巧みな和訳が心地よい。全ヨーロッパの覇権を握った大ナポレオンの政治・軍事的な業績中心ではない。ナポレオンの日常生活や人々のフランス社会の移り変わりに視点が及んでいる。

 描かれているのは法律の整備者、大学の再建者、卓越した都市計画者、建築王、ファッションリーダーとしてのナポレオン像だ。ナポレオンは部下がより地味な服を着て、よりモラルを守ることを望んだという。一方この時代には婚活の新聞広告も登場していた。本書のおトクな点は仏文学者の安達正勝氏による17ページの「解題」。ナポレオンは非常に現実的で、政権を握るやジャコバン派的な考えはきれいさっぱり捨てたという。しかし「よりよい社会を目指す革命精神は捨てなかった」としている。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。