天下人たちのマネジメント術

「優秀だが独断」辻参謀タイプの管理法 日本陸軍の研究(中)

記事保存

日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。

 日本陸軍を暴走させたのが組織トップの将軍クラスではなく、陸軍省や参謀本部の中堅エリート幕僚らだったことはよく知られている。帝京大学の戸部良一教授は「陸軍はトップのリーダーシップを欠いたまま策動し、自らは責任を取らないパターンが常態化した」と指摘する。そのエリート幕僚らの行動原理に「独断専行」がある。代表的な軍人が辻政信参謀だ(終戦時は大佐)。重要な戦場で独断専行し、いったんは左遷されるものの結局は陸軍中枢に迎えられた。戦後は衆院・参院議員に当選した。辻参謀の研究はビジネス社会の人事政策へもヒントを与えてくれそうだ。

首席卒業、「作戦の神様」と呼ばれた優秀さ

 「独断専行」とは、急変する戦場で命令を待っていては対応が遅れてしまう場合、現地で自主的に判断、行動することを本来指す。第1次世界大戦後の陸軍で奨励されたが、やがて上官の命令を無視したり全く逆の行動を取ったりすることを意味するようになった。辻はノモンハン事件(1939年)、フィリピン攻略(41年)、ガダルカナル島防衛(42年)などで独断専行を繰り返したとされる。

 一方で辻は「作戦の神様」と異名を取った優秀な幕僚でもあった。陸軍地方幼年学校、同中央幼年学校、同士官学校を全て首席で卒業し、難関の陸軍大学でも一発合格を果たした。卒業時は3番という大秀才だった。辻がその才能をフルに発揮したのが開戦直後の「マレー攻略戦」だ。「銀輪部隊」など現地の特徴に合わせた臨機応変の機動力で、日本軍はマレー半島上陸後に約70日で1000キロ以上を南下し、シンガポールを陥落させた。その多くが危険を省みずに最前線で情報収集・分析した辻の計画に負っていたという。

 戸部教授は「旺盛な攻撃精神と積極果敢さを重視する日本軍の伝統的・正統的な戦法を、戦場の特徴に合わせて柔軟に応用した」と評価する。参謀には本来、部隊を指揮したり命令を下したりする権限はない。しかし現地でタイムリーに打ち出す独断専行はうまく機能することも多く、辻は英雄視された。翌年には参謀本部の作戦班長という花形ポストが用意された。

閲覧履歴

    クリッピングした記事

    会員登録後、気になる記事をクリッピングできます。