社長、その商品名、危なすぎます!

記事一覧

吉本興業の「面白い恋人」はなぜ問題になったのか

弁理士 富沢正 氏

似ている商標を使う危険---1文字違っただけでは解決できない

 「乳酸菌飲料」について「ピロビタン」という商標が登録されています。それに対して、同じ乳酸菌飲料で「ピオビタンA」という別の商品が販売されていました。

 よく商品で、その名称に「A」などアルファベットがついているものがあります。しかし、多くの場合、アルファベットは大きな意味を持つものではないとされ、商標であるかの判断基準から除外されてしまいます。

 このケースでも、「A」を除いた「ピロビタン」と「ピオビタン」の部分が比較されました。すると、それぞれで「ロ」と「オ」の文字が異なりますが、子音が同じであることから、呼び方が似てきます。そのため、結局2つの商標は似ていると判断され、「ピオビタンA」はその商標を使うことが止められてしまいました。

 商標に関してご相談に来られる方は、少しでも違う部分があればOKと考えていたりします。しかし、それは大きな間違いであり、とても危険な考え方です。

 アルファベットをつけたり、1文字変えたり、「プレミアム」などの言葉をつけて商売をし、そこに大きな意味がないとされると、商標の違いとしての判断の基準にしてもらえなくなります。

 そして、似ている商標と考えられた場合には、販売製造が止められてしまう事態になります。仮に商品を大量に発注していたら、そのすべては不良在庫になってしまいます。もし売ればさらなる大きな問題が発生します。

 そういう事態を避けるためにも、登録された商標と似たものを使わないことが重要です。

3本ラインと4本ラインは似ているのか

 では、似ているかどうかの判断はどうやってなされるのでしょうか。これは、商標の見え方、呼び方、意味や考え方のそれぞれの要素を総合的に見て判断されます。

 商標が似ているかどうかは、商標が使われる商品またはサービスを主に使う消費者層(たとえば、専門家、高齢者、子供、婦人などの違い)、さらに商品やサービスの取り引きの実情を考慮し、普通の消費者が持つ注意力はどのあたりにあるのかを基準として判断されます。

PICKUP[PR]