今夏も節電要請見送り 政府、太陽光の供給増で

 政府は22日、今夏の電力需給対策に関して閣僚会議を開き、数値目標を伴う節電要請を3年連続で見送る方針を決めた。無理のない範囲で節電の協力を要請する。太陽光発電の供給能力が高まっているためで、トラブルが起きない限り、今夏の需給は安定しそうだ。

 今年8月の大手電力9社(沖縄電力除く)の供給力は1億7393万キロワットで、最大需要は1億6260万キロワットと予想した。需給の余裕度を示す「予備率」は7%と、最低限必要な3%を上回る。

 太陽光発電の供給力が昨夏予想の2倍に膨らむ影響が大きい。今夏は原子力発電所5基分に相当する510万キロワットを見込んでおり、太陽光で需要の3%を賄う。これにより、老朽化した火力発電所や水力発電所を休ませやすくなるという。

 割安さを武器とする新電力に切り替える需要家が増えたことで、大手電力の需要自体も落ち込んでいる。政府は今夏、370万キロワット分(2010年夏比)の需要が大手電力から新電力に流出すると試算している。

[2015/5/22 日本経済新聞 電子版]

その他の記事

日経スマートシティコンソーシアムでは、読者の皆様から広く意見やアイデアを募集し、今後の議論や記事に反映していきます。