日本経済新聞 関連サイト

ビシネス活用が進むVR

 VR(仮想現実)技術のビジネスでの活用が本格化している。社内教育、営業支援、娯楽施設の演出など幅広い目的でVRが活用されるようになってきた。VRはICT(情報通信技術)などを活用して人工的に現実感を作り出す技術の総称。例えば、頭や体の動きに連動して変化する風景の映像を見たとき、人は実際にそこへ行ったかのような感覚を持つ。こうした、ある種の錯覚をもとに、「リアル」な体験をもたらす。

 本シリーズでは、VRの調査や導入、研究を行う専門家の方々に、企業がビジネスでVRを活用する背景、企業のビジネスにおける主な用途、企業がビジネスでVRを活用する際の注意点、VRの技術に冠する最先端の研究成果についてうかがった。

PICKUP[PR]