日本経済新聞 関連サイト

超入門 資本論

経済入門書作家、経済ジャーナリスト 木暮 太一氏

 ドイツの思想家・経済学者、カール・マルクスが著した『資本論』は、資本主義経済の構造を徹底的に分析しており、20世紀以降の全世界に最も影響を与えました。TVコメンテーターとしても活躍する木暮太一氏は「扱っているテーマは価値・商品・給料・製造・流通など、ぼくらのビジネスに身近なもので、自分の立場に置き換えて考えることができます」と指摘します。資本論を読み解きながら、労働者がこの世を生き抜く方法を4回にわたり紹介します。

PICKUP[PR]